杭州商工クラブ - 杭州の歴史

杭州商工クラブ

header
TOP
商工クラブ概要
会長の挨拶
法人会員の紹介
杭州市の紹介
杭州関連情報のご案内
インフルエンザ関連
セミナー・研修
イベント
総会
その他
資料関連
入会登録
各地商工会連絡メルマガ
ユーザー名

パスワード

ログインを記録する
パスワードを忘れた?



 
TOP arrow 杭州市の紹介 arrow 杭州の歴史
杭州の歴史 印刷

杭州は、中国の七大古都の一つで、国内では悠久の歴史を持つ著名な文化観光都市。
五代十国時代には、呉越国の都として、その後は南宋の都として、文化・経済の中心地として栄えました。

【呉越国】
五代十国時代の呉越国は杭州に58年間都を置き、当時の皇帝は仏教の信者で、968年に保しゅく塔を建立、970年に六和塔、975年に雷峰塔を建立。現在杭州西湖周辺の寺や、塔、石窟等の古跡は、その時代に建てられたもの。

【南宋の都】
1129年、宋の皇帝高宗は杭州に都を移転し、「臨安府」と名付け、140年間杭州を都としました。南宋時代は世界有数の発展をみせ、対外貿易も発達し、日本等50カ国と友好及び貿易関係を有していました。酒屋、レストラン、旅館、茶館等のサービス業が繁栄し、国内外から訪問者を大勢集めていました。当時訪れたマルコポー口が、杭州を「世界最も華麗な町」と称賛したことは有名な逸話です。

< 前へ   次へ >
Copyright 2005 - 2018 杭州商工クラブ All rights reserved