杭州商工クラブ

header
TOP
商工クラブ概要
会長の挨拶
法人会員の紹介
杭州市の紹介
杭州関連情報のご案内
インフルエンザ関連
セミナー・研修
イベント
総会
その他
資料関連
入会登録
各地商工会連絡メルマガ
ユーザー名

パスワード

ログインを記録する
パスワードを忘れた?



 
TOP arrow インフルエンザ関連
インフルエンザ関連 印刷 E-mail

《What's New! 15年10月13日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・151009鳥インフルエンザ関連情報(第104報).doc

《What's New! 15年06月08日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・150605鳥インフルエンザ関連情報(第102報).doc

《What's New! 15年04月07日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・150407鳥インフルエンザ関連情報(第100報).doc

《What's New! 15年03月04日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・150303鳥インフルエンザ関連情報(第97報).doc

《What's New! 15年02月16日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・150212鳥インフルエンザ関連情報(第95報).doc

《What's New! 15年01月28日》

鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・150105鳥インフルエンザ関連情報(第94報).doc

《What's New! 15年01月22日》

鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・150105鳥インフルエンザ関連情報(第92報).doc

《What's New! 15年01月06日》

鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・141229鳥インフルエンザ関連情報(第91報).doc
 ・150105鳥インフルエンザ関連情報(第92報).doc

《What's New! 14年12月08日》

鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・141207鳥インフルエンザ関連情報(第90報).doc

《What's New! 14年11月05日》

鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・141103鳥インフルエンザ関連情報(第89報).doc

《What's New! 14年05月28》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140528鳥インフルエンザ関連情報(第87報).doc

《What's New! 14年04月29》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140429鳥インフルエンザ関連情報(第84報).doc

《What's New! 14年04月22日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140421鳥インフルエンザ関連情報(第83報).doc

《What's New! 14年04月16日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140415鳥インフルエンザ関連情報(第82報).doc

《What's New! 14年04月09日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140408鳥インフルエンザ関連情報(第81報).doc

《What's New! 14年04月08日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140404鳥インフルエンザ関連情報(第80報).doc

《What's New! 14年04月02日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140401鳥インフルエンザ関連情報(第79報).doc

《What's New! 14年03月25日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140324鳥インフルエンザ関連情報(第78報).doc

《What's New! 14年03月18日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140314鳥インフルエンザ関連情報(第77報).doc

《What's New! 14年03月04日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140303鳥インフルエンザ関連情報(第76報).doc

《What's New! 14年02月20日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140219鳥インフルエンザ関連情報(第75報).doc

《What's New! 14年02月13日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140213鳥インフルエンザ関連情報(第74報).doc

《What's New! 14年01月28日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140128鳥インフルエンザ関連情報(第66報).doc

《What's New! 14年01月27日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140124鳥インフルエンザ関連情報(第65報).doc

《What's New! 14年01月23日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140122鳥インフルエンザ関連情報(第63報).doc
 ・140123鳥インフルエンザ関連情報(第64報).doc

《What's New! 14年01月21日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140120鳥インフルエンザ関連情報(第62報).doc

《What's New! 14年01月20日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140119鳥インフルエンザ関連情報(第61報).doc

《What's New! 14年01月18日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140117鳥インフルエンザ関連情報(第60報).doc

《What's New! 14年01月16日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140116鳥インフルエンザ関連情報(第59報).doc

《What's New! 14年01月15日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140115鳥インフルエンザ関連情報(第58報).doc

《What's New! 14年01月14日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140114鳥インフルエンザ関連情報(第57報).doc

《What's New! 14年01月13日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140109鳥インフルエンザ関連情報(第54報).doc
 ・140110鳥インフルエンザ関連情報(第55報).doc
 ・140112鳥インフルエンザ関連情報(第56報).doc

《What's New! 14年01月09日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140108鳥インフルエンザ関連情報(53報).doc

《What's New! 14年01月06日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・140104鳥インフルエンザ関連情報(51報).doc
 ・140106鳥インフルエンザ関連情報(52報).doc

《What's New! 13年12月18日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・131218鳥インフルエンザ関連情報(50報).doc

《What's New! 13年12月09日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・131209鳥インフルエンザ関連情報(49報).doc

《What's New! 13年11月20日》

  季節性インフルエンザに関する注意喚起

《What's New! 13年11月07日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・131106鳥インフルエンザ関連情報(48報).doc

《What's New! 13年10月15日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・131015鳥インフルエンザ関連情報(46報).doc

《What's New! 13年08月20日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130805鳥インフルエンザ関連情報(45報).doc

《What's New! 13年07月24日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130723鳥インフルエンザ関連情報(44報).doc

《What's New! 13年06月06日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130605鳥インフルエンザ関連情報(第43報) .doc

《What's New! 13年05月30日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・鳥インフルエンザ関連情報(第42報) .doc

《What's New! 13年05月28日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130527鳥インフルエンザ関連情報(第41報) .doc

《What's New! 13年05月22日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130521鳥インフルエンザ関連情報(第40報) .doc

《What's New! 13年05月20日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130518鳥インフルエンザ関連情報(第39報).doc

《What's New! 13年05月17日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130517鳥インフルエンザ関連情報(第38報).doc

《What's New! 13年05月14日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130514鳥インフルエンザ関連情報(第37報).doc

《What's New! 13年05月11日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130510鳥インフルエンザ関連情報(第36報).doc

《What's New! 13年05月08日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130508鳥インフルエンザ関連情報(第35報).doc

《What's New! 13年05月07日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130507鳥インフルエンザ関連情報(第34報).doc

《What's New! 13年05月06日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・鳥インフルエンザ関連情報(第33報).doc

《What's New! 13年04月30日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130427鳥インフルエンザ関連情報(第29報).doc
 ・鳥インフルエンザ関連情報(第30報).doc
 ・130429鳥インフルエンザ関連情報(第31報).doc
 ・130430鳥インフルエンザ関連情報(第32報).doc

《What's New! 13年04月26日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・鳥インフルエンザ関連情報(第28報).doc

《What's New! 13年04月25日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130424鳥インフルエンザ関連情報(第26報).doc
 ・130425鳥インフルエンザ関連情報(第27報).doc

□----------------------------------------------------------------□
【各地商工会連絡メルマガ】(2013年4月24日版)をお送りします。
□----------------------------------------------------------------□

● 【日本大使館経済部「中国経済週報」のご送付に関して】
  
 「中国経済週報(2013.4.16~2013.4.22)
 「中国経済主要マクロ統計(2013年4月22日現在)
 を添付ファイルのとおり送信させていただきますのでご査収ください。

 なお、この経済週報は、中国日本商会の下記URLからもDL可能です。
  http://www.cjcci.biz/weekly/report.htm
   ユーザー名 keizai パスワード shuhou

《What's New! 13年04月23日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130420鳥インフルエンザ関連情報(第22報).doc
 ・130421鳥インフルエンザ関連情報(第23報).doc
 ・130422鳥インフルエンザ関連情報(第24報).doc
 ・130423鳥インフルエンザ関連情報(第25報).doc

《What's New! 13年04月19日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130419鳥インフルエンザ関連情報(第21報).doc

《What's New! 13年04月18日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130417鳥インフルエンザ関連情報(第19報).doc
 ・130418鳥インフルエンザ関連情報(第20報).doc

《What's New! 13年04月17日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130417鳥インフルエンザ関連情報(第18報).doc

□-------------------------------------------------------------□
【各地商工会連絡メルマガ】(2013年4月16日版)をお送りします。
□-------------------------------------------------------------□

● 【日本大使館経済部「中国経済週報」のご送付に関して】
  
 「中国経済週報(2013.4.9~2013.4.15)
 「中国経済主要マクロ統計(2013年4月15日現在)
 を添付ファイルのとおり送信させていただきますのでご査収ください。

 なお、この経済週報は、中国日本商会の下記URLからもDL可能です。
  http://www.cjcci.biz/weekly/report.htm
   ユーザー名 keizai パスワード shuhou

● 鳥インフルエンザA(H7N9)情報

 4月15日18時点の中国国家衛生・計画生育委員会の発表を踏まえ
た、中国における鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの感染確定症例
数は、北京市、河南省、上海市、江蘇省、浙江省、安徽省の計64名
(1名は臨床症状なし)、死亡者数は14名となっています。
現時点においてパンデミックスの状態ではありませんが、大使館や
各地の総領事館の発表、医療機関からの情報には注視が必要と思われ
ます。

下記は在中国日本国大使館のHPのURLです。
http://www.cn.emb-japan.go.jp/index_j.htm

● 北京市の大気汚染推移(1月~4月)

 北京市環境保護局は、北京市35カ所の観測点においてPM2.5の
 観測を行っており、HPで公開しています。
 その観測データ(2013年1月~4月9日まで)を集計しグラフ化を
 行いましたので、北京市における大気汚染の状況把握の参考情報
 としてお知らせします。
 URLは下記です。
 http://www.cjcci.biz/public_html/130411_3.pdf

《What's New! 13年04月16日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・130416鳥インフルエンザ関連情報(第17報).doc

《What's New! 13年04月15日》

 鳥インフルエンザ関連情報追加
 ・鳥インフルエンザ関連情報(第14報).doc
 ・130414鳥インフルエンザ関連情報(第15報).doc
 ・130415鳥インフルエンザ関連情報(第16報).doc

《What's New! 13年04月12日》

各地日本人会・商工クラブ代表・事務局各位

平素より大変お世話になっております。

江蘇省、上海市の政府は、11日、「H7N9型」鳥インフルエンザウイルスの
新たな感染例計5例(死亡例1件を含む)を確認したこと等を発表しました。
このため、「鳥インフルエンザ関連情報(第13報)」を別添のとおり送付させて
いただきます。つきましては、会員の皆様に周知いただきますようお願い申し上げま
す。

なお、同一内容のお知らせを当館ホームページに掲載するとともに、メールマガジン
にて在留邦人の皆様へも配信する予定です。

添付資料:鳥インフルエンザ関連情報(第13報).doc

《What's New! 13年04月11日》

  鳥インフルエンザ関連情報追加
   ・鳥インフルエンザ関連情報(第12報).doc

《What's New! 13年04月10日》

■鳥インフルエンザ関連情報追加
鳥インフルエンザ関連情報(第10報).doc
鳥インフルエンザ関連情報(第11報).doc

□---------------------------------------------------------------□
【各地商工会連絡メルマガ】(2013年4月10日版)をお送りします。
□---------------------------------------------------------------□

■【日本大使館経済部「中国経済週報」のご送付に関して】
  
 「中国経済週報(2013.4.2~2013.4.8)
 「中国経済主要マクロ統計(2013年4月8日現在)
 を添付ファイルのとおり送信させていただきますのでご査収ください。

 なお、この経済週報は、中国日本商会の下記URLからもDL可能です。
  http://www.cjcci.biz/weekly/report.htm
   ユーザー名 keizai パスワード shuhou

《What's New! 13年04月08日》

在上海日本国総領事館より「鳥インフルエンザ関連情報」
<添付資料>
鳥インフルエンザ関連情報040302.doc
鳥インフルエンザ関連情報040303.doc
鳥インフルエンザ関連情報0404.doc
鳥インフルエンザ関連情報040402.doc
鳥インフルエンザ関連情報(第7報).doc
鳥インフルエンザ関連情報(第8報).doc
鳥インフルエンザ関連情報(第9報).doc

《What's New! 09年12月25日》

2009年12月12日セミナー資料

■新型インフルエンザ領事館2009DEC12セミナー資料.pdf

《What's New! 09年10月16日》

領事出張サービス

http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/procedure/new091012-j.html

インフルエンザ接種のご案内について

 杭州商工クラブ会員各位
 
 標記の件、下記のとおり上海森茂診療所さまが移動診療を兼ねインフルエンザ接種を行われます。
 接種ご希望の方はご担当(前澤さまmaezawa@senmaoclinic.jp 携帯1370-1677-912当日も同行)に
 直接ご連絡願います。
 
 実施内容
 実施日:2009年10月27日09:30~17:30(予定 申し込みが多ければ実施日追加の可能性あり)
 場所:ご希望される会員の場所に応じお伺いします。
 ただし会議室等の場所をそれぞれでご用意ください。
  また希望者多数の場合は時間と場所の調整を別途させていただきます。
 
 担当される医師:日本人医師
 薬品:ヨーロッパ製 料金:金額:230元(子供も同料金)
 その他:
 ・健康上不安な事があれば、5分程度/人程度の簡単な相談は受けていただけるそうです。
 
 ・詳細の問い合わせは上記前澤さままでお願いいたします。
 
  以上
 
 事務局

《What's New! 09年08月27日》

 各地日本人会・商工クラブ代表・事務局各位

 平素より大変お世話になっております。

 「新型インフルエンザ関連情報(最近の医療機関等の対応状況)」を別添のとおり
 送付いたしますので、
 お忙しいところ恐縮ですが、日本人会・商工クラブ会員の皆様方への周知をよろし
 くお願い申し上げます。

 また、皆様の在住地において新型インフルエンザに関する情報(邦人のインフルエ
 ンザ患者が増加している等)
 がございましたら、当館までご連絡いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 なお、同内容を当館ホームページに掲載するとともに、メールマガジンにて在留邦
 人の方に対して配信しております。

 以上、よろしくお願い申し上げます。

 ■090827メールhp案文(最近の状況).doc

《What's New! 09年08月14日》

 在中国日本国大使館からのお知らせ

 新型インフルエンザについて(NO.35:注意喚起)
 
 2009年8月13日
 
   最近、日本で新型インフルエンザに感染し、中国到
 着後に発症して隔離治療を受けている邦人留学生が
 現在のところ数名でています。同時に、感染者と密接
 に接触した方が、医学観察のため指定場所で数日間
 (最長1週間程度)の停留措置をうける例も見られま
 す。その際、治療等に要した費用の負担を求められ
 る可能性や帰国便が変更になる場合は、航空券の
 変更に追加費用が発生することがあります。
 
  中国に渡航を予定されている方は、ご自身の健康
 状態に注意しつつ、万一停留措置を受ける可能性を
 考えた日程を組む等、事前に十分な対策を講じられ
 ることをお勧めします。

《What's New! 09年08月13日》

中国日本国大使館からのお知らせ

 青海省における肺ペストの発生について(その2)

 (09.08.12)

  中国衛生部及び青海省衛生庁によれば、青海省海南チベット族自
 治州興海県子科灘鎮において、肺ペストが発生し、死者も出ていると
 すでにお知らせいたしました。現在12人の感染が確認されています
 が、感染者は全員親族同士で、うち3名が死亡、9人が入院隔離治
 療を受けています。8月8日以降、二次感染等感染の拡大は見られ
 ておらず、同日20時に興海県ペスト防疫区の封鎖を解除されました。
 また、8月8日までに密接接触者の隔離医学観察者も解除となりまし
 た。

 現在、ペスト菌に有効な抗生物質も多くあり、治療も比較的容易です
 ので過度に警戒することはありませんが、医療事情が必ずしも良くな
 い現地へ渡航される場合等には最新情報を入手する等し、安全確保
 に努めてください。なお、当局による発表の概要は以下のとおりです。

 1.8月8日20時現在、12名の発症者のうち3名が死亡した他、残り
 9名について病状は安定し、快方に向かっており、現在リハビリ治療を
 受けている。その後連続9日間新しく確認された患者及び疑似病例は
 現れておらず、8月8日までに密接接触者の隔離医学観察を解除した。
 また、8月8日20時をもって興海県ペスト防疫区の封鎖を解除した。

 2.防疫区の封鎖を解除した後、患者に対して引き続き科学的、規範
 的な医療救助を実施し、防疫区の広い範囲において消毒、殺虫、ネズ
 ミ駆除作業を行い、交通衛生検疫の強化をしている。また、ペストの予
 防知識に関する宣伝教育を深く展開し、州、県、郷、村の4レベルの幹
 部と専門チームに対する予防知識の訓練を強化、ペストの防止コント
 ロール業務の成果をさらに強固なもとのし、拡充する。

 (海外の感染症に関する情報の入手)

  海外の感染症に関する情報は、以下のサイトより入手することが可能
 です。出発前に渡航先の感染症の流行状況等に関する情報を入手する
 ことをお勧めいたします。また、日本の空港や港の検疫所においても、リ
 ーフレット等を用意し情報提供を行っていますので、ご活用ください。

 厚生労働省検疫所(海外渡航者のための感染症情報)ホームページ
   http://www.forth.go.jp/
  国立感染症研究所感染症情報センター(感染症別の詳細情報)
   http:// idsc.nih.go.jp/disease.html
  外務省海外安全ホームページ(感染症関連情報)
   http://www.anzen.mofa.go.jp/
  外務省ホームページ(世界の医療事情)
   http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html
 (問い合わせ先)
  ○外務省領事局政策課(医療情報)
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850
  ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
    電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
  ○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
                       http://www.anzen.mofa.go.jp/i/(携帯版)

 *****************************************************
 (その1)

 青海省における肺ペストの発生について
 (09.08.07)

  中国衛生部及び青海省衛生庁によれば、青海省
 海南チベット族自治州興海県子科灘鎮において、肺
 ペストが発生し、死者も出ているとのことです。現在
 12人の感染が確認されていますが、感染者は全員
 親族同士で、うち3名が死亡、9人が入院隔離治療
 を受けています。8月6日以降、二次感染等感染の
 拡大は見られておらず、事態は基本的にコントロー
 ルされている由です。現在、ペスト菌に有効な抗生
 物質も多くあり、治療も比較的容易ですので過度に
 警戒することはありませんが、医療事情が必ずしも
 良くない現地へ渡航される場合等には最新情報を
 入手する等し、安全確保に努めてください。なお、今
 回の感染の概要は以下のとおりです。

 1.青海省衛生庁によれば、青海省海南チベット族
 自治州興海県子科灘鎮で7月30日、肺ペストの感
 染疑い例が見つかり、その後の検査により肺ペスト
 であることが確認された。8月6日現在の感染確認
 患者は12人で感染者全員が親族同士。うち3人が
 死亡し、残りの9人が入院隔離治療を受けている。
 1人が危篤状態、1人が快方に向かっている。

 2.青海省ペスト応急指揮部は、現場の医療対応と専
 門家による応急治療の体制を強化し、省、州、県3レ
 ベルの衛生専門スタッフは、ペスト発生地域で消毒、
 殺虫、ネズミ駆除作業を続行、密接接触者に対する
 追跡管理と検診・検疫を実施している。8月6日以降
 新たな感染確認はなく、感染は拡大していない。

以上

《What's New! 09年07月27日》

各地日本人会・商工クラブ代表・事務局各位

平素より大変お世話になっております。

「新型インフルエンザ関連情報(費用負担変更)」を別添のとおり送付いたします
ので、
お忙しいところ恐縮ですが、日本人会・商工クラブ会員の皆様方への周知をよろし
くお願い申し上げます。

また、皆様の在住地において新型インフルエンザに関する情報がございましたら、
当館までご連絡いただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

なお、同内容を当館ホームページに掲載するとともに、メールマガジンにて在留邦
人の方に対して
配信しております。

■【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(費用負担変更)

《What's New! 09年07月23日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(検疫措置緩和)

各地日本人会・商工クラブ代表・事務局各位

平素より大変お世話になっております。
上海総領事館の佐倉と申します。

「新型インフルエンザ関連情報(検疫措置緩和)」を別添のとおり送付いたします
ので、お忙しいところ恐縮ですが、
日本人会・商工クラブ会員の皆様方への周知をよろし
くお願い申し上げます。

また、皆様の在住地において新型インフルエンザに関する情報がございましたら、
当館までご連絡いただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

なお、同内容を当館ホームページに掲載するとともに、メールマガジンにて在留邦
人の方に対して配信しております。

以上、よろしくお願い申し上げます。

■【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(検疫措置緩和)

《What's New! 09年06月25日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(停留措置注意喚起)

各地日本人会・商工クラブ代表・事務局各位

平素より大変お世話になっております。

「新型インフルエンザ関連情報(停留措置に関する注意喚起)」を別添のとおり送
付いたしますので、
お忙しいところ恐縮ですが、日本人会・商工クラブ会員の皆様方への周知をよろし
くお願い申し上げます。

また、皆様の在住地において新型インフルエンザに関する情報がございましたら、
当館までご連絡いただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

なお、同内容を当館ホームページに掲載するとともに、メールマガジンにて在留邦
人の方に対して配信しております。

以上、よろしくお願い申し上げます。

■090624メールhp案文(停留措置注意喚起).doc

《What's New! 09年06月24日》

各地日本人会・商工クラブ代表・事務局各位

平素より大変お世話になっております。

「新型インフルエンザ関連情報(日本入国時の検疫方法の変更)」を別添のとおり
送付いたしますので、
お忙しいところ恐縮ですが、日本人会・商工クラブ会員の皆様方への周知をよろし
くお願い申し上げます。

また、皆様の在住地において新型インフルエンザに関する情報がございましたら、
当館までご連絡いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、同内容を当館ホームページに掲載するとともに、メールマガジンにて在留邦
人の方に対して配信しております。

以上、よろしくお願い申し上げます。

■090623(日本入国時の検疫方法の変更).doc

《What's New! 09年06月01日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(上海で新たに3例の感染確認)

■090529メールhp案文(上海で新たに3例の感染確認)


《What's New! 09年05月26日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(上海市及び浙江省での感染確認)

■新型インフルエンザ関連情報(上海・浙江での感染確認)


《What's New! 09年05月22日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(中国5例目感染確認)

■090521メールhp案文(中国5例目確認)


《What's New! 09年05月20日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(当地空港の検疫状況―続報―)

■090519メールhp案文(当地空港検疫状況続報)


《What's New! 09年05月19日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(当地空港検疫状況)

■090518メールhp案文(当地空港検疫状況)


《What's New! 09年05月13日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(中国2例目確認)

■090513メールHP案文(中国2例目確認)


《What's New! 09年05月12日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(中国国内での感染確認)

■090511メールHP案文(中国国内での感染確認)


《What's New! 09年05月11日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(日本での感染確認)

■090510メールHP案文(日本での感染確認)


《What's New! 09年05月06日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(広域情報第6報)

■090505メールHP案文(広域情報第6報)


《What's New! 09年05月05日》

【上海総領事館】新型インフルエンザ関連情報(広域情報第5報)

■090504メールHP案文(広域情報第5報)


《What's New! 09年05月03日》

豚インフルエンザ関連情報

■090429メール案文(感染症広域情報)
■090502メール案文(香港・韓国における感染例の発生)


《What's New! 09年04月28日》

■【上海総領事館】「豚インフルエンザ関連情報(フェーズ4への引き上げ)」について

  詳しくは、「090428メール案文(フェーズ4).pdf」を参照してください。

■【上海総領事館】メキシコ・米国での豚インフルエンザ発生について

 「渡航情報(メキシコ及び米国の一部州におけるH1N1亜型由来豚インフルエンザ
 の発生について)」を別添のとおり送付いたしますので、周知願います。> なお、同
 内容を当館ホームページに掲載するとともに、メールマガジンにて在留邦人の方に対
 して配信しております。

 詳しくは、「090425渡航情報(メキシコ・米国での豚インフルエンザ発生).pdf」を参照
 してください。

■【ご参考】日本大使館の4月26日発表【メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患
 の発生について(NO.1)】

 全国日本人組織の皆様

 いつも大変お世話になっております。
 在北京の日本大使館から依頼があり、皆様にメールさせていただきます。

 日本大使館のメールマガジン及びホームページにおいて、
 【メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生について(NO.1)】が
 発表されました。
 http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/birdflu090426_j.htm
 をご覧ください。
 
 なお、発表内容の一部を以下に抜粋します。

 ======

 4.在留邦人の皆様へのお願い
 (1)現時点では、WHOは、フェーズを引き上げるとの判断をしていません
  (フェーズ3のまま)。今後、引き続き情報を収集し、冷静に事態の推移及び関連
  の情報に注意することが必要です。在留邦人の皆様におかれは、大使館HP、
  メールマガジンや関連報道のチェックをお願いします。

 (2)また、交通機関が発達した現在ではいつ感染が拡大するか予測がつきませんの
  で、各自が意識を高めて状況の変化に対応できるよう以下の準備をお願いいたしま
  す。

  (イ)今後の事態の変化によっては、人混みにでる場合にはマスクの着用なども考慮
    する。
  (ロ)手洗い、うがいを励行する。
  (ハ)食料、水、医薬品などの備蓄品の確認。

  中国政府の対応、空港の検疫等の情報については判明次第、当館HP及びメールマ
 ガジンにてお知らせします。
 当館では、引き続き状況を注視して情報収集に努め、今後、関連情報を迅速に提供
 していく所存です。

 ===以上===

  上記情報を含め、関連情報が日本大使館ホームページ内
 http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/birdflu/birdflu_top_j.htm
 に掲載されております。

  日本大使館メールマガジンは、大使館ホームページ内
 http://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/cn.html
 から登録できます。


 
《What's New! 09年01月29日》

鳥インフルエンザ関連情報
(新疆自治区、貴州省、広西壮族自治区における人への感染について)
2009 年1 月29 日
在上海日本国総領事館
1.1月24日、25日及び26日、中国衛生部はホームページにて、新疆自治区、貴州
省及び広西壮族自治区で高病原性鳥インフルエンザの人への感染が確認され、患
者2名は死亡、1名は重体である旨を発表しました。発表の主要点は以下のとおりで
す。
〈新疆自治区の死亡例〉
(1)患者は31歳の女性。新彊自治区ウルムチ市トウ屯河区在住。
(2)1月10日に発病し、入院して治療を受けたが症状が悪化した後、1月23日早朝
4時40分に死亡した。
(3)1月24日、中国疾病予防コントロールセンターが、患者の標本から鳥インフルエ
ンザウイルス(H5N1)陽性を確認。疫学調査によれば患者は発病前に家禽市場と
の接触歴がある。
(4)感染の発生後、現地政府はこれを高度に重視し、密接接触者に対して厳密な医
学観察を実行しているが、今までに異常な臨床症状は現れていない。
〈貴州省の重体例〉
(1)患者は29歳の男性。貴陽市雲岩区在住。
(2)1月15日に発病し、同日より省人民病院で治療をうけたが症状はよくならず、病
状は重篤である。現在、専門家の指導のもと全力で治療に当たっている。
(3)1月25日、中国疾病予防コントロールセンターが、患者の標本から鳥インフルエ
ンザウイルス(H5N1)陽性を確認。疫学調査によれば患者は発病前に家禽市場で
鳥との接触歴がある。
(4)感染の発生後、現地政府はこれを高度に重視し、密接接触者に対して厳密な医
学観察を実行しているが、今までに異常な臨床症状は現れていない。
〈広西壮族自治区の死亡例〉
(1)患者は18歳の男性。広西自治区北流市在住。
(2)1月19日に発病し、同日より当地の衛生院で治療をうけたが症状はよくならず、
1月24日に玉林市紅十字会病院に入院した。病状は重く、全力で治療に当たったが
1月26日に死亡した。
(3)1月26日、中国疾病予防コントロールセンターが、患者の標本から鳥インフルエ
ンザウイルス(H5N1)陽性を確認。疫学調査によれば患者は発病前に死んだ家禽と
の接触歴がある。
(4)感染の発生後、現地政府はこれを高度に重視し、密接接触者に対して厳密な医
学観察を実行しているが、今までに異常な臨床症状は現れていない。
2.中国政府のこれまでの公表によれば、中国における鳥インフルエンザの人への感
染例は、今回の3例を合わせて37例目になります。また、今年に入ってからは、7例
目の感染例(死亡例は5例目)になります。鳥インフルエンザ発生国である中国では、
引き続き、不用意に鳥に近寄ったり触れたりせず、衛生管理にも十分注意してくださ
い。
その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥及び新型イ
ンフルエンザに関するQ&A」を御参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
(参考ホームページ等)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
○外務省海外安全相談センター
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
http://www.forth.go.jp
○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
○国際獣疫事務局(OIE)
http://www.oie.int/eng/en_index.html


 
《What's New! 09年01月24日》

鳥インフルエンザ関連情報(新彊自治区における人への感染について) (09.01.24)
在中国日本国大使館
1.1月24日、中国衛生部はホームページにて、新彊自治区で高病原性鳥インフルエンザの人
への感染が確認され、患者(1名)は死亡した旨を発表しました。発表の主要点は以下のとおり
です。
(1)患者は31歳の女性。新彊自治区ウルムチ市トウ屯河区在住。
(2)1月10日に発病し、入院して治療を受けたが症状が悪化した後、1月23日早朝4時4
0分に死亡した。
(3)1月24日、中国疾病予防コントロールセンターが、患者の標本から鳥インフルエンザウ
イルス(H5N1)陽性を確認。疫学調査によれば患者は発病前に家禽市場との接触歴がある。
(4)感染の発生後、現地政府はこれを高度に重視し、密接接触者に対して厳密な医学観察を実
行しているが、今までに異常な臨床症状は現れていない。
2.中国政府のこれまでの公表によれば、今回の事例をあわせて、中国における鳥インフルエン
ザの人への感染例は35例目、死亡は24例目になります。また、今年に入ってからは、北京市、
山西省、山東省、湖南省の例に続く5例目の感染例になります。鳥インフルエンザ発生国である
中国では、引き続き、不用意に鳥に近寄ったり触れたりせず、衛生管理にも十分注意してくださ
い。
その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥及び新型インフルエンザ
に関するQ&A」を御参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
<http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html> )
3. 当館では新たな情報が得られ次第、当館ホームページ及びメールマガジンでお知らせしま
す。
(参考ホームページ)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
○外務省海外安全相談センター
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
<http://www.anzen.mofa.go.jp/>
○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
<http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html>
○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
<http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html>
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
http://www.forth.go.jp <http://www.forth.go.jp/>
○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
<http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html>
○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/tori/index.html <http://www.maff.go.jp/tori/index.html>
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
<http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/>
○国際獣疫事務局(OIE)
http://www.oie.int/eng/en_index.htm <http://www.oie.int/eng/en_index.html>


 
《What's New! 09年01月20日》

鳥インフルエンザ関連情報(湖南省における人への感染について)
在上海日本国総領事館
2009年1月20日
1.1月19日、中国衛生部はホームページにて、湖南省で高病原性鳥インフルエンザの人への感染が
確認され、患者(1名)は重体である旨を発表しました。発表の主要点は以下のとおりです。
(1)患者は16歳の男性。学生。貴州省黔東南州在住。
(2)1月8日に発病し、病状が悪化した後、16日から湖南省懐化市に移って入院治療を行った。患者
の病状は重篤であり、現在全力で治療中である。
(3)1月19日、中国疾病予防コントロールセンターが、患者の標本から鳥インフルエンザウイルス(H5
N1)陽性を確認。疫学調査によれば患者は発病前に死んだ家禽との接触歴がある。
(4)感染の発生後、現地政府はこれを高度に重視し、密接接触者に対して厳密な医学観察を実行して
いるが、今までに異常な臨床症状は現れていない。
2.中国政府のこれまでの公表によれば、今回の事例をあわせて、中国における鳥インフルエンザの
人への感染例は34例目になります。また、今年に入ってからは、北京市、山西省、山東省の例に続く
感染例になります。鳥インフルエンザ発生国である中国では、引き続き、不用意に鳥に近寄ったり触れ
たりせず、衛生管理にも十分注意してください。
その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥及び新型インフルエンザに
関するQ&A」を御参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
(参考ホームページ等)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
○外務省海外安全相談センター
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
http://www.forth.go.jp
○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
○国際獣疫事務局(OIE)
http://www.oie.int/eng/en_index.html


 
《What's New! 09年01月19日》

鳥インフルエンザ関連情報(山西省及び山東省における人への感染について)
在上海日本国総領事館
2009年1月19日
1.1月17日及び18日の両日、中国衛生部はホームページにて、山西省及び山東省で高病原性
鳥インフルエンザの人への感染が確認され、患者1名は死亡、1名は重体である旨を発表しまし
た。発表の主要点は以下のとおりです。
〈山西省の重体例〉
(1)患者は2歳の女児。山西省呂梁市孝義市在住。
(2)1月7日に湖南省で発病し、同11日に祖父母とともに山西省に戻った。病状が悪化した後、1
4日に山西省フン陽病院(「フン」はさんずいに「分」)から山西省児童病院に転院し治療中であり、
病状は重体である。
(3)1月17日、中国疾病予防コントロールセンターが、患者の標本から鳥インフルエンザウイルス
(H5N1)陽性を確認。
(4)感染の発生後、現地政府はこれを高度に重視し、密接接触者に対して厳密な医学観察を実
行しているが、今までに異常な臨床症状は現れていない。現在、衛生部門が疫学調査を行ってい
る。
〈山東省の死亡例〉
(1)患者は27歳の女性。山東省済南市在住。
(2)1月5日に発病し、入院して治療を受けたが症状が悪化した後、1月17日18時40分に死亡
した。
(3)1月18日、中国疾病予防コントロールセンターが、患者の標本から鳥インフルエンザウイルス
(H5N1)陽性を確認。
(4)感染の発生後、現地政府はこれを高度に重視し、密接接触者に対して厳密な医学観察を実
行しているが、今までに異常な臨床症状は現れていない。
2.中国政府のこれまでの公表によれば、中国における鳥インフルエンザの人への感染例は、今
回の2例を合わせて33例目、死亡は22例目になります。また、今年に入ってからは、北京市の
例に続く感染例になります。鳥インフルエンザ発生国である中国では、引き続き、不用意に鳥に近
寄ったり触れたりせず、衛生管理にも十分注意してください。
その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥及び新型インフルエン
ザに関するQ&A」を御参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
(参考ホームページ等)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
○外務省海外安全相談センター
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
http://www.forth.go.jp
○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
○国際獣疫事務局(OIE)
http://www.oie.int/eng/en_index.html


 
《What's New! 09年01月16日》

偽札に関する注意喚起
2009年1月16日
在上海日本国総領事館
最近、HD90から始まる偽100元札が中国国内で出回っているとの報道があり
ますが、上海においても、このHD90から始まる偽札を初めて使用した犯人に対し
懲役10ヶ月の刑が言い渡された旨の報道や、商品を購入する際に客が支払った真札
と店員が持っていた偽札をすりかえる事件が発生した旨の報道がありました。当館で
も、かつてタクシー料金の支払いで100元札を使用したところ、偽札にすり替えら
れたとする届け出を受けたことがあります。
警察当局では、このHD90から始まる偽札には磁気が付加され、検札機を通過し
てしまうため、HD90から始まる100元札を手にしたときは、手触りや見た目で
まず判別し、万一、偽札と思われるものを手にした時は金融機関や公安に届け出るよ
う、注意を呼びかけていますので、邦人の皆様におかれては充分ご注意下さい。
(偽札の見分け方は、金融機関の案内又は下記ホームページ等を参照して下さい。)
http://finance.sina.com.cn/money/bank/hd90jiachao/index.shtml


 
《What's New! 09年01月13日》

北京市における鳥インフルエンザ関連情報(関係者への医学観察の解除
について)
(09.01.13)
在中国日本国大使館
1. 北京市で高病原性鳥インフルエンザの人への感染・死亡例が確認さ
れた事案に関して、1月12日、北京市衛生局は感染者との密接接触者
に対して行っていた医学観察を全員解除したと発表しました。
2.以上のとおり当局は発表していますが、引き続き、不用意に鳥に近寄
ったり触れたりせず、衛生管理にも十分注意してください。
当館では新たな情報が得られ次第、当館ホームページ及びメールマガジ
ンでお知らせします。
その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥
及び新型インフルエンザに関するQ&A」を御参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
(参考ホームページ)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
○外務省海外安全相談センター
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
http://www.forth.go.jp
○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
○国際獣疫事務局(OIE)
http://www.oie.int/eng/en_index.html


 
《What's New! 09年01月08日》

鳥インフルエンザ関連情報(北京市における人への感染について・続報) (09.01.08)
在中国日本国大使館
1. 北京市で高病原性鳥インフルエンザの人への感染・死亡例が確認された事案に
関して、1月7日午後、北京市衛生局による会見が開かれました。詳細について更に
確認を要する点はありますが、会見の概要は以下のとおりです。
(1)1月5日に死亡した患者の他に新たな患者は発生しておらず、医学観察下にある
116名についても現在のところ異常は見つかっていません。
(2)専門家によれば人間が鳥インフルエンザに感染した場合の発病までの潜伏期間
は一般的に7日間であることから、今後新たな感染者が確認されなければ、7日後に
は現在の警戒態勢を解除するとの方針をとっています。
(3)現在のところ、今回の事案でヒトからヒトへ感染が広がる生物学的な裏付けは見
つかっておらず、今後ヒトからヒトへの感染していく可能性はゼロに近いと見ていま
す。市民に対しては過度に心配しないよう呼びかけています。
(4)市内の鳥インフルエンザ指定病院として「佑安病院」と「地壇病院」が指定されま
した。
2.以上のとおり当局は発表していますが、引き続き、不用意に鳥に近寄ったり触れ
たりせず、衛生管理にも十分注意してください。
当館では新たな情報が得られ次第、当館ホームページ及びメールマガジンでお知ら
せします。
その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥及び新型イ
ンフルエンザに関するQ&A」を御参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
(参考ホームページ)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
○外務省海外安全相談センター
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
http://www.forth.go.jp
○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
○国際獣疫事務局(OIE)
http://www.oie.int/eng/en_index.html


 
《What's New! 09年01月07日》

鳥インフルエンザ関連情報(北京市における人への感染について)
2009年1月7日
在上海日本国総領事館
1.1月6日、衛生部の発表及び新華社の報道によれば、北京市で高病原性鳥インフルエ
ンザの人への感染が確認され、同人は死亡したとのことです。判明している今回の感染
経過は以下のとおりです。
(1)患者は19歳の女性。福建省出身。2008年2月より北京市朝陽区三間房(当
館注:東五環路の東側に位置する)に住んでいた。
(2)12月24日に発病し、27日には入院して治療をうけたが症状が悪化した後、
1月5日午前7時20分に死亡した。
(3)1月5日、北京市疾病予防コントロールセンター及び中国疾病予防コントロール
センターが、患者のサンプルから鳥インフルエンザウイルス(H5N1)陽性を確
認した。
(4)新華社の報道によれば、感染の発生後、北京市政府はこれを高度に重視し、計1
16名の密接接触者(家族、隣人、医療関係者等)に対して厳密な医学観察を実行
しているが、これまでに臨床異常症状は現れていない。
(5)新華社の報道によれば、死亡した患者は発病前に死んだ家禽と接触しており、発
病前に河北省の市場で生きた鳥を購入しているとのことです。
2.中国政府のこれまでの公表によれば、今回の事例をあわせて、中国における鳥インフ
ルエンザの人への感染例は31例目、また死亡例は21例目になります。また、今年初
めての感染例になります。
鳥インフルエンザ発生国である中国では、引き続き、不用意に鳥に近寄ったり触れた
りせず、衛生管理にも十分注意してください。
その他、感染地域滞在の注意事項については、「海外渡航者のための鳥及び新型インフ
ルエンザに関するQ&A」を御参照ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
3. なお、当館では新たな情報が得られ次第、当館ホームページ及びメールマガジンでお知ら
せします。
(参考ホームページ)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
○外務省海外安全相談センター
電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp
○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)http://www.forth.go.jp
○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/tori/index.html
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
○国際獣疫事務局(OIE)
http://www.oie.int/eng/en_index.html

最終更新日 ( 2015年 10月 13日 火曜日 )
Copyright 2005 - 2016 杭州商工クラブ All rights reserved